卒業後の進路

 農業・資源経済学専修の卒業生の大半は就職していますが、近年、農業・資源経済学専攻をはじめとする大学院進学も増えています。就職先は、金融関係、公官庁、商社、製造業、シンクタンクなど多岐にわたっています。

  • 大学院進学
    農業・資源経済学専攻、農学国際専攻、経済学研究科、公共政策大学院、新領域創成科学研究科、工学系研究科、総合文化研究科。東大以外では、慶応大学院メディア政策研究科やUniversity of Readingなど。
  • 金融関係
    三井住友銀行、三菱UFJ銀行、三井住友信託銀行、農林中央金庫、信金中央金庫、みずほファイナンシャルグループ、ゴールドマンサックス証券、メリルリンチ日本証券、野村證券、日本生命、第一生命、住友生命、東京海上日動火災保険、かんぽ生命保険など。
  • 商社
    丸紅、三菱商事、三井物産、住友商事など。
  • 製造業
    キリン、サントリー食品、味の素、日清フーズ、日本たばこ、三菱電機、花王、富士フイルム、クボタ、トヨタ自動車、パナソニック、帝人など。
  • 官公庁
    農林水産省、厚生労働省、総務省、環境省、会計検査院、日本政策金融公庫、日本銀行、東京都庁、名古屋市役所など。
  • その他
    全農、全国農業会議所、あいち知多農業協同組合、中部電力、電通、野村総合研究所、NTT東日本など。